こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

昨日は、予定通り勝どきにて
第3回目となる

「理念起業のルールセミナー」

を開催しました。

理念起業のルールセミナーの様子

今回のセミナーがシリーズ最後であり、
年内の一般向けセミナーも
これで最後となりました。

あとは、12月9日(土)開催予定の

「波動アップ健康美容倶楽部
 パーティーのミニセミナー」

が本当に年内最後のセミナーに
なる予定です。

倶楽部会員の方のみ参加できる
ミニセミナーで、今回のテーマは

「金運を論理的に上げる方法」

になります。

興味がある方は、
「波動アップ健康美容倶楽部」
を主催している滝沢裕子さんへ
直接お問合せください。

お問合せはこちらをクリック!

さて・・・
前々回のブログでは
新しい健康ノウハウである

「腸活波動アップ健康法」

に関する内容をお伝えしました。

見逃してしまった方は
こちらのブログ記事を
読んでくださいね。

■腸活波動アップ健康法とは?

便秘を改善し、医者いらず・薬飲まず・病気知らずの超健康体を目指す!「腸活波動アップ健康法」

今日は、更に突っ込んだ話を
したいと思います。

「便秘の根本原因とは?」
というテーマでお届けします。

便秘気味の方は、最後まで
お付き合いくださいね。

もうすぐ販売予定の新教材
「腸活波動アップ健康法」
の一番の対象者は・・・

現在、便秘で悩んでいる方

になります。

恐らく、女性の方が多いのでは
ないでしょうか?

なぜ、便秘になってしまうのか?
今日は、その根本原因に関して
お伝えしたいと思います。

根本原因が分かれば、適切な対策を
施すことができますね。まずは、
便秘の種類に関してお伝えします。

■便秘の種類は?

便秘の根本原因をお伝えする前に
便秘には、どんな種類があるのか?
お伝えしますね。

●便秘の種類1:弛緩性便秘

食物繊維不足の食事や運動不足などで
腸への刺激が足りなくなる便秘です
(産後の便秘は弛緩性便秘が多い)。

腸への刺激が少ないので蠕動運動と
呼ばれる腸の働きが低下しがちです。

●便秘の種類2:痙攣性便秘

睡眠不足やストレスで自律神経が
乱れてしまい腸の蠕動運動が活発に
なりすぎることで起こる便秘です。

●便秘の種類3:直腸性便秘

下剤や浣腸など無理に便意を促す
薬の乱用、意図的に便意を我慢し続ける
ことでひき起こされる便秘です。

●便秘の種類4:器質性便秘

何等かの原因で腸壁に壁や突起物が
出来てしまい、そこから先に便が
進まなくなってしまうことで
便秘になります。

この器質性便秘に関しては
専門の医師による診断や治療が必要かも
知れません。

ただ、弛緩性便秘、痙攣性便秘に
関しては、腸の蠕動運動が大きく
関係しています。

■腸の蠕動運動は、どこがコントロール
 しているのか?

ですが・・・
これは「自律神経」
なります。

脳が指令を出しているわけでは
ないようですね。

自律神経とは・・・

「循環器、消化器、呼吸器などの活動を
 調整するために24時間休まず働き
 続けてくれている神経です。」

自律神経には、交感神経と副交感神経
の2種類あります。そして、交感神経と
副交感神経はシーソーのような関係です。

この2つの神経のバランスが乱れ
どちらかに偏ってしまうと
腸の蠕動運動がスムーズではなくなります。

これが便秘の根本原因と
いうことになりますね。

まとめると・・・

●腸の蠕動運動をコントロール
 しているのは「自律神経」

●自律神経には、交感神経と
 副交感神経があり、シーソーの
 ような関係にある

●これら2つの神経のバランスが
 崩れると腸の蠕動運動がスムーズ
 ではなくなり、便秘になる

特に現代人は、交感神経が優位に
なりすぎている傾向にあります。

恐らく、あなたもそうではないでしょうか?

では、交感神経と副交感神経の
バランスを取るためには、どうすれば
良いのか?

次回以降のブログでお伝えしたいと
思います。便秘気味の方は、お楽しみに(^^)

それでは、良い1日を(^^)