こんにちは!波動アップコンサルタント
の三宅巧一です。

8月8日(土)は、桑原正守さんとの
コラボ講座「一人起業アカデミー」第2期
1回目セミナーでした。

「起業家マインドインストール講座」
「人生の戦略マップ構築講座」という
一人起業家としての基礎を作る
内容をお届けしています。

当日のセミナー風景はこんな感じです。

一人起業アカデミー・第2期の様子

そして、セミナー終了後は、桑原正守さん
が経営するパワーストーンバーで懇親会を行い、
更に学びを深めて頂きました!

パワーストーンバーでの懇親会の様子

今回の講義では、「理念」に関して、かなり深い内容を
お伝えしています。「自分の理念を明文化したい!」
という方は、こちらの理念合宿案内をご覧くださいね。

あなたが既に理念に気づくために必要な経験を
している場合は、ほぼ100%の確率で理念を
明文化することができます。

なので、今回は理念100%完成保証を付けました。
自分の理念を確実に明文化したい方は
理念合宿にご参加くださいね。

理念合宿 in 三浦海岸はこちらをクリック!

さて・・・
本日のブログは
「動揺(ショック)で生まれた波動が引き寄せていたものは?」
というテーマでお届けしますね。

■動揺(ショック)とは何か?

まずは「動揺」という言葉の定義を
しておきますね。

「動揺とは」でGoogle検索すると・・・

●他からの作用で、動き揺れること。
●転じて、気持などが不安定になること。

と出てきます。

例えば、、、
・親が突然亡くなった
・恋人から突然ふられた
・大きな事故が起こった

などのショッキングなことが
起こると、その低い波動が魂に残ります。
いわゆる「トラウマ」ですね。

この魂に残っている波動があまり良くない
現実を引き寄せてしまうのです。

※但し、宿命であえてそうしている
 ケースもあります。

もう少し具体的な事例でお伝えしますね。

以下は、すべて私のケースです。
動揺(ショック)に関して調整が必要な
波動が3つありました。

その内容をお伝えします。

■動揺(ショック)のケース1:
 父親が事故で急死

私がまだ13歳の頃(当時中学2年生)、
宮大工だった父親は、屋根の上で作業中に
顔から下へ落ちてしまい、数日後
この世を去りました。

一家の大黒柱を一瞬にして喪ったので
かなりのショックでした。

しかも5人兄妹で、家計は大変です。
「自分で何とかしないといけない」
という思いが強く、中学2年から
アルバイトを始めました。

この時に生まれた「波動」は、ハードワーク
を引き寄せました。以後、社会人になるまで
複数のアルバイトを掛け持ちするなど
自分で稼ぐ力を自然と身に付けていたのです。

そして、社会人になってからも
ハードワークが続き、独立起業してからも
365日毎日働いているので、今でも
ハードワーカーです(笑)。

最近、波動を調整したので、若干
ハードワークではなくなった気がします。

波動を調整する前までは、夜の12:30ぐらいまで
仕事をしていましたが、今は夜9時ぐらいには
終了するようにしています。

なお、この父親の死は、私の宿命でした。
自分の理念を達成するために、生まれる前から
計画していたことになります。

■動揺(ショック)のケース2:
 大好きだった彼女に振られた・・・(汗)

大学院1年生の時、付き合っていた
彼女がいました。約1年付き合ったところで
彼女は就職。その会社の同期生と付き合う
こととなり、私は振られました・・・(汗)。

今思うと何ともないのですが
当時は、初めての大失恋で、かなりの
ショックを受けました。

振られ方も「新しい彼氏ができたから」
という理由だったので、相当落ち込みましたね。
そのため、

「女性は信じられない」

という間違った解釈をしてしまったのです。
その影響で、女性との関係が長く続かない
現実を引き寄せていたようです。

独立起業してからも女性のクライアントさん
が少ない状況でした。でも、調整したお蔭で、
最近では女性クライアントも増えています。

■動揺(ショック)のケース3:
 女性在宅秘書のミスが多かったのは、
 アメリカの同時多発テロが原因!?

私は現在、一人会社を経営しているので
在宅秘書をある会社に依頼しています。

その在宅秘書の方が、仕事を依頼する度に
必ずと言っていいほどミスしていました。

ある日、ミスに関して注意したにも関わらず
全く同じ内容のミスを2回連続で繰り返したので

「さすがにこれは何かある」

と思い、自分の波動を探っていきました。
そしたら・・・

この在宅秘書のミスは、アメリカの同時多発テロ
が根本原因でした。

2001年9月11日、私は、成田空港から駐在先の
アメリカ・ニュージャージー州にある
ニューアーク空港へ向かっているところでした。

テロリストにハイジャックされた飛行機が
NYのワールドトレードセンターに突っ込んだ頃、
私は太平洋上空を飛んでいたのです。

そして、そのテロの影響で、約1週間ほど
アラスカのアンカレッジに滞在するという
経験をしています。

当時、出張の際の飛行機やレンタカーを
手配してくれていた方はとても優秀で
全くミスがありませんでした。

でも、同時多発テロが起こり、大変なことに
なっていたので、「完璧だと災いが起こる」
という間違った解釈をしてしまったようです
(顕在意識では、認識がありません)。

ちなみにアメリカ駐在中に飛行機などを
手配してくれた旅行会社勤務の女性の名前と
女性在宅秘書の名前は、全く同じ
「ゆきこさん」でした。

それに気づいた私は、早速自分でその波動を
消すセッションを行ったのです。

そしたら、、、

以後、在宅秘書の「ゆきこさん」は、
全くミスしなくなったのです。

そう言えば、アメリカから帰国した際
ベンチャー企業へ転職したのですが

その時の部下もミスを連発していました。
全部、私の波動がミスを引き寄せていた
ことになりますね。

あなたも知らない間に間違った解釈を
してしまい、何か災い事を引き寄せている
可能性が十分あります。

問題が顕在化している方は、波動アップ
お試しコンサルティングをお勧めします。

こちらのページに詳しく記載されてますので
宜しければお申込みくださいね。

繰り返される災い事はあなたの発している「波動」が引き寄せていることをご存知ですか?

それでは、良い1日を(^^)