こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

岐阜での合宿を終え
本日、東京に戻ります!

今週も台風が心配でしたが
個人的には、全く影響がなくて
助かりました。

今日は良い天気ですね!

岐阜県長良川での1枚(金華山、岐阜城)

今週の土曜日から静岡県
浜松にて「波動アップ」「霊的真理」
の2日間コースを連続開催します。

参加メンバーの皆さんは
現地でお会いしましょう!
とても楽しみです(^^)

さて・・・
今回のブログ記事は、
「後遺症の痛みの根本原因とは?」
というテーマでお届けします。

今月末まで開講中の
「波動アップ理念ビジネスコース」
のメンバーの中に

以前、自転車同士の交通事故に
あってしまった女性がいます。

仮にYさんとしましょう。

Yさんは、自転車同士の事故にあわれ
むち打ちになってしまいました。
その痛みは、1年半も続いたそうです。

恐らく、肉体的には1か月もあれば
完治してしまうような怪我だと
思うのですが、なぜ1年半もの
長い間、痛みが続いてしまったのか?

今日は、その根本原因に関して
お伝えしたいと思います。

■肉体的には問題ない
 でも「痛い」のメカニズムとは?

「痛み」は、医学的には生理的な
問題の一つなので「生理学」で扱う
テーマになります。

その「生理学」では、痛みのメカニズム
を以下のように考えています。

●患部が連続して大きな刺激を受けると、
 脳は自律神経の交感神経を緊張させます

●交感神経が緊張状態になると血管が縮み、
 血流が悪くなり、筋肉細胞が酸欠状態に
 なってしまいます

●この酸欠という危機状態に反応して、
 血液中の血漿(けっしょう)からブラジキニン
 (痛み物質)が出てきます。

●この痛み物質が神経の先端についている
 センサーにぶつかると電気信号が発生しプラスと
 マイナスの状態を次々に繰り返しながら脳に伝わり、
 痛みとして感じるようになるのです

つまり、超簡単に説明すると
肉体的には問題がない(傷は治っている)
でも痛みを感じるのは

「自律神経の交感神経が緊張状態にある」

ということになりますね。

なので、痛みを取り除く方法は
交感神経を緊張状態から解き放ち、副交感神経
を優位にしてリラックス状態にすれば良い
ということになります。

では、交感神経を緊張状態から解き放ち、
副交感神経を優位にして、後遺症の痛み
を取るためには、具体的にどうすれば
良いのか?ですが

それに関しては、Yさんが
「陰陽バランス健康法」
という独自ノウハウを開発
しましたので

この「陰陽バランス健康法」
を実践すれば、痛みが取れると思います。

今年の12月31日まで、先着10名限定で
「モニター」を募集しています。

交通事故などの後遺症でまだ痛みが
残っていて辛い方は、こちらの案内ページ
を是非ご覧くださいね。

headline

かなりお得なコース内容で、しかも
返金保証もついていますので
私としては、大変お勧めのコースです。

周りに後遺症の痛みが残っている方がいたら
是非、このモニターコースをご紹介
くださいね。

※Yさんは「波動アップ理念ビジネスコース」
 で起業に関して学んでいます。

「陰陽バランス健康法」のノウハウを
確立するまでに500万円以上の自己投資
をしていますので、良質な情報と
技術を持っていると思います(^^)

10名を超えたら、サービス内容を
再構築し、値上げする予定なので
このチャンスをお見逃しなく!

それでは、良い1を(^^)

■追伸:

Yさんが受講した
「波動アップ理念ビジネスコース」
に関しては、11月開催予定の
「理念起業のルール」セミナーで
案内予定です。

起業成功を目指す方は、
こちらのセミナーへお越しください!

理念起業のルールセミナー