カルマを繰り返すメカニズムとは?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

以前、病気や体の不具合の根本原因は

●罪障の清算
●カルマの清算

の大きく2パターンあること
をお伝えしています。

※厳密には、自己否定や自愛不足など
3次元アセンションの課題に関する
原因もあります。

カルマは、罪障が積もりに積もったもので
今世ではなく、前世時代の罪障の清算
になります。

この「カルマ」ですが
繰り返してしまう可能性が
十分あります。

そこで、今日のブログ記事では

「カルマを繰り返すメカニズム」

に関して解説したいと思います。

■どれくらい罪障を繰り返すとカルマになるのか?

魂の次元が2次元になると
初めて人間として地球に
生まれることができます。

そのスタート時点における霊格から
上に行くことができるのか?

それとも罪障を積み重ねて
下に行ってしまうのか?
明暗が分かれることになります。

罪障の数がある一定数に達すると
霊格はワンランク下がり

また、ある数字に達すると
更にワンランク下がります。

ここで留まれば、何とかカルマには
ならないわけですが

更に罪障を積み重ね
罪障の数が「200」を超えると
カルマとなり、来世で清算が
必要となります。

カルマにもレベルがあり
更に罪障の数が増えると
もっと下の霊格となり

カルマの清算内容も過酷なものと
なってしまうのです。

※但し、清算セッションで減らすことは
可能です。これに関しては、また
別の機会にお伝えしますね。

■なぜカルマを繰り返すのか?

カルマは罪障を繰り返すことですが
更に「カルマ」を繰り返してしまう人が
多いようです。

つまり、過去世において既に
カルマの清算を経験している人が
更に今世でもカルマの清算をしている
という状況になっているようです。

なぜカルマを繰り返してしまうのか?
ですが、それは・・・

——————————
罪障の核となっている課題を
克服できていないため
——————————

になります。

課題を克服しない限り、次のステージへ
進むことはできません。

何度、輪廻転生を繰り返しても
また、同じ課題にぶつかり
同じ罪を積み重ねていくこと
になってしまいます。

もう少し具体的な話をしましょう。

仮に罪障の核となる課題が
「他人を蔑むこと」
だったとします。

蔑むとは・・・

・他人を軽んずること
・他人を見くだすこと
・他人を軽蔑すること

になります。

他人を蔑むことは、自分の心の中で
行うことが多いので、相手には
伝わらないかも知れませんが

神様はあなたの心の中を
24時間365日
ずーっと見ていますので
全部バレてしまいます。

そして、他人を蔑むと
因果応報によって、今度は
自分が他人から蔑まれるように
なるのです。

その時、その人のことを
軽蔑するような気持ちや態度を
取るとまた罪障となってしまいます。

つまり、
他人を蔑む人は
自分も蔑まれるため
益々他人を蔑むようになり
罪障を積み重ねることになります。

その行為は、すべて神様が見ていますので
カルマとなり、清算することになるわけです。

その清算は、体に苦痛を与えること
で行われますので、大変辛いもの
になります。

このように一度カルマになると
カルマのループからなかなか
抜け出せません。

でも、このループから抜け出すための
セッション方法を開発し、最近
提供を開始しました。

今までは、人生の目的が
「カルマの清算」の人は

何も学ぶことなく、ただ苦しんで
この世を去ることしか
できなかったわけですが

新時代を本格的に迎えるにあたり
神様のお導きがあり、カルマ清算のための
セッションを開発することができたのです。

カルマの清算で苦しんでいる方は
個別にご相談頂ければと思います。

まずは、こちらのお試しコース
がお勧めです。

それでは、今日はこの辺りで。
良い週末を(^^)

Follow me!

「Koichi Miyake.com」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!