自己肯定感と容姿の関係とは?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

先週公開したこちらの新作無料レポートですが・・・

————————————————-

3~5キロの小さなダイエットを無理なく達成する!
「小さなダイエット目標達成法」

https://zenith.ideall.xyz/sdm-r

————————————————-

100名以上の方に見て頂きました。
ありがとうございます。

そして、レポートの最後に「動画」を案内
しているのですが、こちらは20名以上
の方に視聴登録して頂いています。

ダイエットに興味がある方は
この時期が一番痩せやすいので
参考にして頂ければと思います(^^)。

さて・・・
本日のブログ記事は

「自己肯定感と容姿の関係とは?」

というテーマでお届けしますね。

自己肯定感とは・・・

●自らの在り方を積極的に評価できる感情
●自らの価値や存在意義を肯定できる感情

になります。

これからは
「アセンション時代」となり、

誰もがアセンション(魂の次元上昇)
を目指す時代になっていくわけですが

世界人口の約9割の方は
3次元にアセンションできていないそうです。

3次元にアセンションするためには

●自己受容
●自愛

の課題をクリアする必要があるのですが、
「自己肯定感」が低いと

自分を受け容れられないし
自分を愛することも難しい
ですよね。

では、自己肯定感が低い原因は何か
というと、その中の一つとして

「自分の容姿に関する
 劣等感やコンプレックス」

が考えられます。

例えば・・・

●太っていること
●胸が小さいこと(女性の場合)
●目が小さいこと
●お肌が荒れていること
●背が低いこと

などですね。

成人している場合、身長を伸ばすことは
難しいかも知れませんが、上記の他のものは
努力によって改善できる可能性が
十分あると思います。

そして、その努力による改善は自信となり
自己肯定感も高まります。

例えば、太っていることに対して
劣等感やコンプレックスを抱いている
としますよね。

過去、何度もダイエットにチャレンジしたけど
なかなか成功せず、挫折してしまった経験
はありませんか?

ただでさえ、太っていることに
劣等感やコンプレックスを抱いているのに
ダイエットに何度も失敗してしまったら

自己肯定感は、更に下がるし、
そんな自分を嫌になってしまうので
自己否定も生まれてしまいます。

そうなると、益々3次元へアセンションする
ことは難しくなるわけです。

でも、逆にダイエットに成功すれば

周りからは、

「痩せたね」
「綺麗になったね」

と言われ、自信が持てるようになるし

自己肯定感も高まるし
劣等感やコンプレックスも
手放すことができるかも知れません。

そして、自分を受け容れられるようになり
自分のことを心から愛せるように
なるかも知れませんね。

ですので、もしも太っていることに
少しでも劣等感やコンプレックス
を感じている方は

この痩せやすい時期に
無理なく結果が出やすい

「小さなダイエット目標達成法」

にチャレンジすることをお勧めしたい
と思います!

その「小さなダイエット目標達成法」
の詳細に関しては、こちらの
無料レポートに書いてあります。

————————————————-

3~5キロの小さなダイエットを無理なく達成する!
「小さなダイエット目標達成法」

https://zenith.ideall.xyz/sdm-r

————————————————-

クリックするとレポートが表示されるので
すぐ読むことができます。

最後の方に更に詳しい内容が分かる
「動画」も案内しているので
そちらの動画も見てくださいね。

それでは、良い1日を(^^)

■追伸:

自己肯定感が低い方でダイエットの必要性がない
という方のために新しいコンテンツを
企画しています。

企画がまとまったら
「仮申し込み企画」を行いたいと
思いますので、楽しみにしていてくださいね。

私からのメルマガをお見逃しなく!
メルマガ登録はこちら!

【編集後記】

この前の日曜日は、2か月延期していた
塾の講義を「ZOOM」で行いました!

これで、いつ、どこにいても
ネット環境さえあれば
セミナーを開催できます。

便利な時代になりましたね。

それで、その講義の中で
今回の「コロナ騒動」の真相に
関して、少しふれました。

ここで、ヒントをお伝えしますね。

今回の「コロナ騒動」の
キーワードは・・・

●5G
●エクソソーム

です。

これらを検索して調べ、分析すると
答えが見つかると思います。

テレビや新聞などのメディアは、
ディープステートにまだ支配されています。
鵜呑みにしないで、自分で調べる習慣を
身につけましょうね(^^)

Follow me!