アメリカ大統領就任式と神様からのメッセージとは?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

アメリカ時間の1月20日に
バイデン氏の第46代アメリカ合衆国
大統領就任式があったようですね。

日本は夜中なので
私は普段通り12時に寝たわけですが
朝起きたら、何も起こらず
就任式は終わっていたようです。

私は先週のブログ記事で
以下のメッセージをあなたに伝えました。

こちらです。

———————————————————–
多くの人がこのままバイデン氏が大統領になってしまうかも
と思っているかも知れませんが、例え1月20日までに
大きな動きがなく、バイデン氏の大統領就任式が
行われたとしても心配しなくて大丈夫です。
———————————————————–

上記の通り、特に大きな動きはなく
トランプ大統領はホワイトハウスを去り
バイデン氏が大統領に就任したように見えます。

多くのトランプさんファンは失望し
ネガティブな気持ちになっているかも
知れません。

一方、まだまだこれからで
何かが起こるはず!
と思っている人も多いでしょう。

信じられないかも知れませんが
全世界の動きは、神様が寸分の狂いもなく
コントロールしています。

今回、明らかに大規模な不正選挙があったにも関わらず
バイデン氏がそのまま大統領に就任したように
見える意味を考えてみましょう。

その中に神様からのメッセージがあります。

多くの正義感強い人が
大統領就任式の時にバイデン氏を中心とした
ディープステートの残党(オバマ・ブッシュ・クリントンなど)
を逮捕することを期待していたと思います。

でもその期待は砕け散ったわけです。
神様はどんな意図を持って
そうしたのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。









例えば・・・

●期待が強すぎるので、期待を手放すことを
 学んでもらおうという意図があったかも知れません
 期待はそれが外れた時、感情を乱す原因となるため
 手放す必要があります。

●まだまだ眠っている人が多いので、大覚醒の
 一つの手段にしたのかも知れません

●トランプさんや神様のことを最後の最後まで
 信じて待つことができるのか?試したのかも知れません

●一喜一憂することなく、冷静に平常心を保てるか?
 試したのかも知れません

●正義が負け、悪が勝ってしまうような理不尽なこと
 が起こったとしても不貞腐れることなく、
 平常心でいることができるか?試したのかも知れません

●どんな困難なことが起こったとしても軸がぶれることなく
 前向きにポジティブに捉えることができるか?
 試したのかも知れません

●本当に公式の就任式が行われたのか?冷静に情報収集して
 本質を見極めることができるか?試したのかも知れません

バイデン氏の就任式の日、ディープステートの
メンバーが集結していたわけなので、
逮捕しようと思えば簡単に逮捕できますよね。

でもそうならなかったのは、
上記の内容を全世界の人に学んでもらうため
ではないでしょうか?

このような機会は滅多にないわけです。
神様は、人類の魂のレベルを底上げするために
このような機会を作ったと思います。

地球上で人間として生きる最大の意味は

「魂を成長させること」

です。

神様はその一点に絞って
世界を動かしています。

この世の隠された法則である
「大霊の法則」の中には、

「因果応報の法則」

があります。
悪い事をした人は、必ずその清算を
しなければいけません。

そのタイミングは、神様が決めます。
このまま終わるわけがありません。

今後の動向を気にかけ、個人個人がこの世界を
「愛と調和」に満ちた素晴らしい世界にするために
どんなことをすれば良いのか?よく考えて
行動することが求められています。

なお、今後の行方ですが・・・

●株式会社アメリカ合衆国の解体
●アメリカ共和国としての再生
●NESARA/GESARA発動

などがあるはずです。

でもトランプさんは、もう大統領ではないので
それらを実行する権限がないのでは?
と思うかも知れません。

本当にそうでしょうか?
トランプさんは何等かの布石を
打っていないのでしょうか?

本当にバイデン氏は公式に認められた
大統領なのでしょうか?
権限はあるのでしょうか?

真実は何か?あなたも自分で調べてみて、
今後の世界の動向を予測してみてください!

2021年は何度も言っていますが
激動の一年になります。
そのことを忘れないでくださいね。

それでは、今日はこの辺りで。
良い週末を(^^)

Follow me!

「Koichi Miyake.com」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!