気づきを与える会話術とは?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

合宿で八ヶ岳へ行った時
道の駅に入る機会がありました。

その時
「マスクをして頂かないと入れません」
と言われたので、ちょっと
一騒動起こしてしまいました(><)。

反省の意味を込めて
その時の内容と気づきを
シェアしたいと思います。

宜しければ参考にしてくださいね。

「気づきを与える会話術とは?」

というテーマでお届けします。

■相手に気づきを与える会話術とは?

道の駅で朝食用の手作りパンを
購入しようと思って入ろうとしたら

「マスクをして頂かないと入れません。」

と言われました。

それで・・・

「ハンカチで口を押さえますので
それで良いですか?」

と聞いたのですが

「マスクをして頂かないと」

と言われ、とにかくマスクに
こだわっています(笑)。

それで・・・
「なぜマスクにこだわるのですか?」
「ハンカチではダメな理由は何ですか?」

と質問したところ

「ハンカチだと口元から
離れる可能性があるから」

ということでした。

いつもなら・・・
5分程度のことなので
我慢して協力するのですが

この時は、私の魂がソワソワして
感情に火がついてしまいました(笑)。

それで一騒動起こしてしまったわけですが
こちらの言い分としては・・・

●そもそも存在が証明できていない
 コロナウイルスのために
 なぜマスクが必要なのか?

●百歩譲ってコロナがいたとしても
 マスクの網目とウイルスの大きさを
 考えると全く効果がない

●マスクをすると免疫力が下がるので
 体に良くない。体に良くないことを
 なぜ強要するのか?

●厚生労働省がマスクは任意であり
 強要させることはできないと
 公言していること

※こちらに関しては、
電話で確認している方が
実際に存在します。

をご担当者の女性に伝えました。

それに対して、その女性は・・・

「山梨県の条例で決まっているので・・・」

の一点張りであり
理論的な説明が全くありません。

これでは埒があかないと思ったのか
一旦事務所の中に戻って行き
上司に相談したようでした。

それで・・・

「今回は、ハンカチでも大丈夫です。
でも次回はマスクでお願いします。」

と言われたので、
それだと全く本質が理解できていないので

ご自身でコロナのことを
よく調べてください

と言い、中に入らせて頂きました。

私の反省点としては
ちょっと感情的になってしまい

結果的に自分の考えを押し付けてしまった
ところがあったので、もっと冷静に
相手に気づきを与えるように

質問形式で会話をすれば良かった

と思いました。

例えば、こんな感じです。

●なぜ、ハンカチではなく
 マスクにこだわるのですか?

●二人で共同作業でパンを購入するので、
 ハンカチを口元から外すことはありません。
 それでもハンカチが駄目な理由は何でしょうか?

●マスクの網目とウイルスの大きさを考えると
 マスクではウイルスを防げません。
 マスクでどんな効果を狙っているのでしょうか?

●マスクは大切な免疫力を下げてしまうことを
 ご存じですか?

●厚生労働省は、マスクは任意であり
 強要はできないと回答している
 ことをご存じですか?

このような「質問形式」の会話にすると
相手が答えに困ってしまった時
気づきが起こる可能性があります。

感情的になると波動同調によって
相手も感情的になってしまい
建設的な会話ができなくなりますので

平常心を保ちながら
「質問形式で会話する」
を心がけてみてくださいね。

相手の魂の成長に貢献できるかも知れません。

ちなみにですが・・・
この事件は、私にとっては

「話が噛み合わない」

という過去のネガティブ思考の引き寄せでした。

セルフセッションで調整したので
今後は、このようなことが起こらないはずです。
きっと・・・(笑)

それでは、今日はこの辺りで。
良い週末を(^^)

Follow me!

「Koichi Miyake.com」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!