逃げ癖がある人の真の課題とは?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

アセンションマスター塾(3次元)
を開講しているので、講義用の資料作り
に励んでいます(^^)

全部で6回の講義なんですが
現在、第5回の講義資料を作成
しているところです。

ここまでの資料作りの過程において

3次元アセンション
を実現するための大きな壁が
いくつかあることを改めて
実感しました。

その内の一つが
「逃げ癖・投げ出すこと」
の克服です。

今日のブログ記事は・・・

●転職を繰り返している人

●塾や講座などの習い事を途中で辞めてしまう人

●問題が起こると他の人に頼り、自分の力で
 解決しようとしない人

に向けて書きたいと思います。

一つでも該当する人は、今後の参考に
して頂ければと思います。

■逃げ癖がある人の傾向とは?

物事を途中で投げ出し、逃げてしまう
「逃げ癖」がある人は、

自分で自分の課題に気づけていない
ケースが多いと思います。

「投げ出すこと」

は、陰陽のテーマでいうところの
陽のテーマになるので
手放す必要があります。

※陽のテーマとは、魂のレベルを上げるために
手放す必要がある課題になります。

では、逃げ癖がある人には
どんな傾向があるのか?

その方に課題を認識して頂くために
その傾向をいくつかあげて
おきますね。

●過保護な環境で育っている傾向がある

人間の本質である「魂」の課題の一つとして
逃げ癖がある人は、その課題が浮き彫りと
なるような環境で育つケースがあります。

過保護な環境で育ったため
「逃げ癖がついた」ではなく

元々「逃げ癖」の課題があるので
それに気づかせるために
神様がそのような環境を設定
しているわけですね。

そうなると
マザコン、ファザコン、シスコン
ブラコンなど、精神的依存に関する
課題も浮き彫りとなります。

※この場合、親側はチルコンの課題
を持っている傾向があります。

自分で課題に向き合うことが
なかなかできないため、周りの人に
助けを求め、自分は投げ出してしまう
ということが起こります。

●嘘をつく、あるいは
 言い訳が多い傾向がある

自分に都合が悪い事が起こると
投げ出して逃げたくなるため

その手段として
「嘘をつく」あるいは
「言い訳する」
という傾向があります。

その「嘘」がばれないように
また「嘘」をつくので

嘘の上塗りで、もっと逃げ出したく
なるような状況に追い込まれます。

嘘はバレるようになっていて
それ以上、嘘がつけなくなり
言い訳も辻褄が合わなくなってくるので

精神的依存状態が露呈するか
あるいは、連絡手段を遮断し
逃げ出すことになる傾向があります。

●自己肯定感が低く、自分に自信がない

そもそも論として、自分に自信がないため
問題に向き合うことができません。

なので、自分よりも格上且つ
精神的依存が許される

・母親や父親
・兄や姉
・祖父や祖母
・叔父や叔母
・夫や妻
・彼氏や彼女

などに助けを求め、自分はその問題から
逃げようとします。

これら3つの課題は、相互に関係しているので
この課題を完全に克服することは
相当難易度が高いと思われます。

この問題を根本から解決し
人生の次のステージへ向かうためには

●精神的に自立すること
●課題に向き合うこと
●自分に自信を持つこと

が必要になります。

この中でも
「自分に自信を持つこと」
が最も重要です。

自分に確固たる自信を持つことができれば
自分の力で問題を解決できるようになるため

精神的にも自立することができますし
逃げずに課題に向き合うことが
できるようになります。

自分に自信が持てれば
解決できる課題がいろいろある
わけですね。

ただ・・・
自分に自信を持つことは
一朝一夕でできることでは
ありません。

正しい知識と実践、指導者が必要に
なると思います。

もしもあなたが本当に
自分の人生の課題を克服し
自分に自信が持てるようになりたい!

ということであれば

「人生のステージアップ短期集中コース」

という2泊3日の合宿がお勧めです。
2021年は9月と12月に開催予定です。

興味がある方は、個別にお問い合わせ
くださいね。

それでは、今日はこの辺りで。
良い週末を(^^)

Follow me!

「Koichi Miyake.com」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!