こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

東京は猛暑が続いていますね・・・(汗)。
暑くて眠れないという方も多い
のではないでしょうか?

私は、つい最近まで
夜中の3時に起きるという
ことが続いていました。

でも、あることに気づき、改善のための
セルフセッションを行ってからは
朝の7時まで、一度も起きることなく
ぐっすり眠れるようになりました。

kate-stone-matheson-uy5t-CJuIK4-unsplash

そこで今日のブログ記事は、

「不眠症の肉体的な原因とは?」

というテーマでお届けしますね。

■不眠症の種類は?

不眠症と言ってもいろいろと
種類があると思います。
例えば・・・

●寝つきが悪く、なかなか眠れない

●寝つきはすごくいいけど、
 夜中に目が覚め、それから全く
 眠れなくなってしまう

●夜中に何度も目が覚めてしまう

●昼と夜が逆転している
 昼間、眠くて、夜は目が冴えてしまう

●眠りが浅くて、ずーっと意識がある
 寝た気がしない

などですね。

”ある統計データ”によるとですね
日本人の約7割が睡眠に関して
課題を抱えているそうです。

確かに私の周りを見渡しても
寝つきがよくて、朝までぐっすり
眠れている人は少ないと思います。

理想的なのは
1日7時間睡眠ですね。

そして、夜は一度も起きることなく
朝までぐっすり眠るのが一番です。

では、なぜ不眠症になってしまうのでしょうか?
これには、大きく分けると2つの原因が
考えられますね。

●原因1:肉体的な問題
●原因2:意識的な問題

今日のブログ記事では、

不眠症になってしまう肉体的な問題
に関してお伝えしますね。

●不眠症の肉体的な原因1:
 メラトニンの分泌不足

メラトニンは、脳内の松果体で分泌される
脳内ホルモンになります。

快眠ホルモンとも言われていて
メラトニンが十分分泌されると
スムーズに寝ることができます。

メラトニンは、起きてから
14~15時間後に分泌を開始し
その2~3時間後にピーク
を迎えます。

例えば、私の場合で解説すると・・・

●朝7時に起床
●夜9時~10時頃分泌開始
●夜11時から夜中の1時がピーク

と言うことになります。

私は毎日12時に寝るので
ちょうどいいわけですね。
寝つきは悪くないです。

なかなか寝れないという方は
メラトニン不足かも知れませんね。

●不眠症の肉体的な原因2:
 自律神経の乱れ

人間には自律神経があり
自律神経には、交感神経と副交感神経
があります。

寝る前は、副交感神経を優位にする
必要があります。そのためには

・夜遅くまで仕事はしない
・夜遅くまでスマホやテレビは見ない
・湯船に入ってゆっくりする
・入浴後は読書などして静かに過ごす
・照明はやや暗くする

ということが大切です。

●不眠症の肉体的な原因3:
 ストレスを抱えていること

人間はストレスを感じると
交感神経が優位になるように
出来ています。

なので、なかなか眠れません。

ストレスは、いろんな種類のストレスが
ありますよね。それらのストレス要因を
排除していく必要がありますね。

この他にもからだの病気やこころの病気
薬や刺激物の摂取など、いろんな原因が
考えられます。

肉体的な原因以外では、
ほとんどの人が気づいていない
「意識」に関する原因もあります。

ちなみに私の場合は「意識」
に関する問題でした。

肉体的な問題をすべて解決したとしても
この「意識」の問題を解決しないと
不眠症は改善できません。

この「意識」の問題に関しては
また、別の機会にブログ記事で書きたい
と思います。

不眠症でお悩みの方は、お楽しみに!

それでは良い1日を(^^)