コロナワクチン接種者が感染源になる!?

こんにちは!
波動アップコンサルタントの三宅巧一です。

世界で新型コロナワクチンの接種が
加速していますよね。

私は、コロナ騒動当初から

●コロナウイルスは実在しない
(人工的なものは存在するかも知れない)

●体内から出るエクソソームのことを
 ウイルスと呼んでいる

●なので、実害はなく、
 実態としてはただの風邪

という認識でいます。

そのため、特に気にすることなく外出し
マスクもしていなくて、消毒も常在菌が
死んでしまうので断っていたわけですが

日本でもコロナワクチンの接種が
本格的に進められているので、
ちょっとマズイと思い、

現在は、仕事以外の外出は控え、
電車やバスには極力乗らないようにして
合宿も車を利用して移動するようにしています。

というのは・・・

「ワクチン接種者が感染源になる」

という説があるからです。

そこで本日のブログ記事は
「ワクチン接種者が感染源になる!?」
というテーマでお届けしますね。

この「ワクチン接種者が感染源になる」
というのは、仮説なので、今後検証が必要です。
確定情報ではありませんので、その点は
ご注意くださいね。

今回のコロナワクチンは、世界初となる
mRNAワクチンであり、現在も治験中の
ワクチンになります。

世界中で接種後の死亡例が報告されていますし
副反応も凄まじいです。

https://prettyworld.muragon.com/entry/23.html

※閲覧にご注意ください
(衝撃的な画像が含まれています)。

ワクチン接種は任意であるため
どうしてもワクチンを打ちたい人は
打っても構わないというスタンスで
いたわけですが・・・

「コロナワクチン接種者が感染源になる」

という情報を目にしてからは、
本格的に注意が必要である
というスタンスに変わってきています。

では、なぜコロナワクチン接種者が
感染源になるのか?

そのメカニズムに関して、簡潔に解説しますね。

■コロナワクチン接種者が感染源になるメカニズムとは?

●今回のmRNAワクチンを接種すると
 体内でスパイクタンパク質が量産され、
 血流によって全身に広がります

●そのスパイクタンパク質は、毒性があるので
 排毒のために体内から「エクソソーム」が
 大量に放出されることになります

●エクソソームの中には、毒であるスパイクタンパク質
 が入っているので、それを吸い込んでしまうと
 免疫力が弱い人は処理しきれず、体に悪い影響が
 出ることになります

●具体的な実例としては、月経異常(月経過多・無月経・
 更年期後の月経出血)・発疹などです

●ワクチン接種後、危険な状態がどれくらい続くのか?
 ですが、約2週間が目安のようです(永続的に続く
 という説もありますが・・・)

本質に気づいている医師は
ワクチン接種者の来院を当面の間
禁止していますよね。

また、ワクチン接種後に亡くなった方を
解剖した結果、体中の臓器から
スパイクタンパク質が見つかった
という情報もあります。

この問題を根本から解決するためには
ワクチン接種を止める必要があります。

現在、ある男性が東京地方裁判所に
「厚生労働省のワクチン接種事業の仮差し止め」
に関する書類を提出し、受理されたそうです。

※私のFacebookのタイムラインに
その内容をシェアしているので
宜しければご覧ください。

https://www.facebook.com/koichi.miyake/

今後、どのような展開になるのか分かりませんが
今、私たちができることは

●コロナワクチンの危険性を周りの人に伝え
 ワクチン接種についてよく調べ
 考えてもらうこと

●コロナワクチン接種者には、当面の間は
 接触しないようにすること

●自分の波動や免疫力を今まで以上に
 高める努力をすること

だと思います。

コロナワクチンの接種が進んでいる国では
急激に感染者が増えたというデータがあります。

また、世界各国で変異株が増えていると
言われていますが、それはワクチン接種者が
放出しているスパイクタンパク質が入っている
エクソソームの可能性があります。

アメリカ在住の日本人女性は

「ワクチン接種が進んでいる米国では、
 スパイクタンパク質の伝播で苦しんでいる
 人が多数存在する」

という内容をFacebookに投稿しています。

これらの情報は、すべて辻褄が合い
論理的な整合性も取れるので、今のところ
信憑性は高いのでは?と思っています。

用心することに越したことはないので
自分のできることをしましょう。

なお、

●波動を高めること
●免疫力を高めること

に関しては

「メタトロン」や「エナジーセラピー」

というサービスで対応できますので
少しでも興味がある方は、ビジネスパートナーの
滝沢裕子さんへお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら!

Facebookからのお問い合わせはこちら!

それでは、今日はこの辺りで。
良い週末を(^^)

Follow me!

「Koichi Miyake.com」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!